レスポンス広告&売るためのブランド広告制作会社

Response Ad 2効果的なレスポンス広告は「4つのパーツ」で作る

効果的なレスポンス広告は
「4つのパーツ」で作る

効果的な広告・販促ツールをつくるには、本項で説明する4つのパーツが必要です。その4つのパーツとは、「結果」「実証」「信頼」「安心」です。商品の認知度や企業の規模などにもよりますが、基本的にはこの4つのパーツ全てを盛り込むと考えてよいでしょう。それぞれの要素が揃えば、より大きな広告効果が期待できます。

広告のレスポンスを高める
4つのパーツとは

数々の企業に成功をもたらしてきた
ディーズ式集客広告の基本要素である「4つのパーツ」とは。

長年に渡りレスポンス(集客・売上げ)獲得を追究してきたディーズが見出した必勝理論。「4つのパーツ」で、どんな企業でも効果的な集客広告を作れます。レスポンス(集客・売上げ)獲得力を飛躍的に高める集客広告を作るために、ディーズではまず「4つのパーツ」を用意することから作業を開始します。
その「4つのパーツ」とは…

ディーズが独自に開発した、
広告のレスポンス(集客・売上)を高める「4つのパーツ」

結果(ベネフィット)

他社よりも優れているその企業・商品の具体的な特長。お客様がその企業・商品から得られる最大のベネフィット。例えば「その商品を買うと、自分にとって具体的にどんな恩恵(ベネフィット)を受けられるか」を表現すること。その恩恵(ベネフィット)が他社よりも秀でていればいるほど広告のレスポンス(集客・売上げ)獲得力が上がります。

実証(説明・データ)

「結果」を裏付ける説明やデータ。なぜそう言えるのかをできるだけ詳しくグラフやデータ、写真等を駆使して実証・説明します。多くの消費者にあまり認知されていない商品や、 全く新しいジャンルの商品を広告する場合には特に大切なパーツになりますので、しっかりと準備しましょう。

信頼(第三者評価)

権威ある第三者(専門家・評論家等)や著名人(有名タレント・モデル・スポーツ選手等)、マスコミ等からの評価のこと。他にもその商品の受賞歴、各種認証、会社の長い歴史等でも代用可能です。信頼感のある客観的評価を広告に盛り込むことにより、その企業・商品の信頼度がグッと上がり、レスポンス(集客・売上げ)獲得に繋がります。

安心(ユーザーボイス)

ユーザーボイス(お客様の声)。先に購入(経験)した人の感想は消費者(見込客)に強い安心感を与え、レスポンス(集客・売上げ)獲得に効果的です。なおユーザーボイスには長く詳しい感想を述べる「ミクロボイス」と、短い感想をたくさん並べる「マクロボイス」があります。商品の認知度によりこの2種類を使い分けると効果的です。

上記の「4つのパーツ」をまずはしっかりと用意し、適切に広告紙面に盛り込むことで広告のレスポンス(集客・売上げ)は飛躍的に高まります。ディーズではお客様の「4つのパーツ」を洗い出す作業をレスポンスコンテンツ開発において行います。
パーツの組み立てで構成する機能的な広告作りは、驚くほど簡単です。「4つのパーツ」を用意できれば、あとはパーツを組み立てるだけで驚くほど簡単にレスポンス(集客・売上げ)獲得力の高い広告を作れてしまいます。ここではその具体例を簡単にご紹介します。

例えば、マンチェスター航空
(架空企業)の場合

企業名マンチェスター航空

商品名東京-ロンドン直行便 格安航空券

結果
「世界最安」 東京-ロンドン直行便。片道20,000円
実証
コストダウンの秘密(サービス/機内食制限・シート変更・最新コスト削減システム etc.)
信頼
信頼航空評論家や著名人の評価、安全認証・保証、大手航空会社100%出資 etc.
安心
安心ユーザーボイス(ミクロボイス・マクロボイス)

例えば上記のような架空の企業と「4つのパーツ」を設定します。その「4つのパーツ」を用い、実際に広告紙面にどう盛り込むかをレスポンス広告、レスポンスブリッジ広告、ブランド広告の3ステップで解説します(【集客広告1】 貴社は大丈夫?広告効果を最大化させるための「3ステップ」を参照)

ステップ1 「レスポンス広告」の
基本的な広告構成図

※メディアは非限定 ※説明用のレイアウトです

  • まだ企業ブランドが構築されていない段階では、ロゴにレスポンス(集客・売上げ)効果はありません。
  • 「世界最安」東京-ロンドン直行便。なんと片道20,000円!
    ※「結果」は原則的にキャッチコピーとして機能させます。(例外あり)
  • 一瞬で「航空会社」だと認知できるイメージ写真。
    レスポンス広告ではイメージスペースが狭いのが特徴です。
  • コストダウンの秘密(サービス/機内食制限・シート変更・最新コスト削減システム 等の情報を盛り込みます。
  • 航空評論家や著名人の評価、安全認証・保証、大手航空会社100%出資 等の情報を盛り込みます。
  • ユーザーボイス(マクロボイス)を盛り込みます。
  • レスポンスを受ける窓口(連絡先)電話・ファックス・URL等。誘導先として優先順位が高いものは大きく打ち出します。

ステップ2 「レスポンスブリッジ広告」の
基本的な広告構成図

※メディアは非限定 ※説明用のレイアウトです

  • まだ企業ブランドが構築されていない段階では、ロゴにレスポンス(集客・売上げ)効果はありません。
  • 「世界最安」東京-ロンドン直行便。なんと片道20,000円!
    ※「結果」は原則的にキャッチコピーとして機能させます。(例外あり)
  • イメージで注視率を高めるためにレスポンスブリッジ広告はイメージスペースを広く取ります。また、企業ブランディングを促進するために有名タレントを起用することも効果的です。
  • コストダウンの秘密(サービス/機内食制限・シート変更・最新コスト削減システム 等の情報を盛り込みます。
  • 航空評論家や著名人の評価、安全認証・保証、大手航空会社100%出資 等の情報を盛り込みます。
  • ユーザーボイス(マクロボイス)を盛り込みます。
  • レスポンスを受ける窓口(連絡先)電話・ファックス・URL等。誘導先として優先順位が高いものは大きく打ち出します。

ステップ3 「ブランド広告」の
基本的な広告構成図

※メディアは非限定 ※説明用のレイアウトです

  • 企業ブランドが構築されていれば、消費者(見込客)はその企業の「実証」「信頼」「安心」をすでに認知しています。

    実証

    信頼

    安心

  • 20,000円で、ロンドンへ行く。※このようにブランド広告では、レスポンス広告、レスポンスブリッジ広告のようにキャッチコピーを強い表現にすることが必須ではなくなります。
  • すでに企業ブランドが構築されているので、ブランド広告ではイメージでのレスポンス(集客・売上げ)獲得を目指します。一方、航空会社のような「サービス」を販売する企業は、注視率を高める具体的なイメージを作りにくく、同業他社との差別化をはかることが困難なため、有名タレントの起用するケースが多くなります。
  • レスポンスを受ける窓口(連絡先)電話・ファックス・URL等。誘導先として優先順位が高いものは大きく打ち出します。

「4つのパーツ」の他に、最低限
押さえておきたいプラスの要素。
「ニュース」パーツは現在の
集客広告戦略において
非常に役立ちます。

現在の日本は、ほとんど全てが「成熟マーケット」と言っていいでしょう。つまり目新しい機能を持った製品や画期的な発明品は生まれにくく、消費者の目には同じように映る商品ばかりだと言えます。同時に広告も溢れているため、ある一商品を売るためにはまず初めに自社の広告を消費者に「見てもらう」こと(注視率・アテンション獲得)が必要です。そのために極めて効果的なのは「ニュース」というパーツなのです。ただし、「ニュース」を出すには商品自体の新しさやインパクトが重要なため、広告に掲載する商品はその点を十分に意識したいところです。

ディーズが独自に開発した、
広告の注視率(アテンション)を高める
「ニュース」パーツ

お客様の関心をひく強い
ニュース性のある様々な情報。

「最新のお得情報」や「キャンペーン情報」「新商品情報」の他、「無料券」等のチケットを掲載することも効果的です。広告の注視率を高めるパーツなので、できるだけ上部キャッチコピー周辺や中段の目立つ位置に配置します。また「ニュース」自体をキャッチコピーにする場合もあります。