チラシ広告

制作事例Case Study

ディーズ式チラシの作り方How to make

BSE問題の影響を受け、あまり美味しくない豪州産牛を消費者に提供せざるを得なかった状況を打開するべく、 2008年4月に牛角は社運をかけた肉質改善を行いました。そこで「牛角の肉は美味しく生まれ変わった」という事実を広く消費者に認知させるために、キャンペーンをの一環でチラシ広告の企画及びクリエイティブを行いました。

ディーズ式チラシの作り方 牛角
  • 結果お客様が商品を購入すると(お店で食事をすると)得られるメリット。 「肉が美味しくなった」ということをキャッチコピーとメインビジュアルで訴求します。
  • 実証「結果」を裏付ける説明やデータ。なぜ肉が美味しくなったのかを説明します。
  • 信頼信頼感のある客観的評価。牛角の場合は、ロゴマークがその部分を補っていると言って よいでしょう。牛角ほどブランドが構築させていない企業(商品・サービス)の場合は、 権威ある第三者評価などをチラシ広告に盛り込むことでレスポンス(集客・売上げ)獲 得に繋がります。
  • 安心ユーザーボイス(お客様の声)。実際に購入(食事)したお客様からのコメントは、 まだ購入(食事)していない見込み客に安心感を与えることができ、レスポンス(集客 ・ 売上げ)獲得に効果的です。
  • ニュース成熟マーケットの中では、画期的な商品が生まれにくく、お客様の目にはどれも同じよ うに映っていると言って良いでしょう。そこでまずは、お客様の注視率高める(広告を 見てもらう)ために、強いニュース性のある情報を掲載することも必要です。キャンペ ーンやクーポンも「ニュース」パーツに当たります。

ディーズ式集客広告のつくり方について、さらに詳しくお知りになりたい方はこちら でお確かめください。

こんな企業様におすすめですRecommend

  • 集客効果の高い広告を作りたい
  • レスポンス(集客・売上げ)は欲しいが、デザインも美しくしたい
  • 現状展開している自社の広告を見直したい
  • 企業ブランディングを見据えた集客広告を行いたい