ディーズ用語解説

ディーズが各種サービスをお客様にご提供するにあたりよく使われる用語をまとめました。

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
A~Z(アルファベット)

・サウンド・ロゴ (sound logo)

企業や商品、サービスのイメージを統一・固定化するために作られる一定の特徴的な音響や音楽のことを指す。テレビやラジオCMで使われ、コマーシャルの開始部分や終了部分に流れることが多い。



・サムネイル (thumbnail)

簡単なアイデアスケッチのこと。ラフスケッチともいう。クリエイティブスタッフが、浮かんだアイデアを視覚化するためにスケッチするもの。



・3B法則

広告ビジュアルにBeauty(美人)、Baby(子供)、Beast(動物)を使用すると視覚効果の高い表現を生み出すと言われる古典的な表現法則。



・シズル (sizzle)

「シズル」とは揚げ物や肉が焼ける際の「ジュージュー」という音の英語の擬音語だが、広告においては食品に限らず企業や商品等対象物の魅力や価値という意味にも使用される。



・シズル広告 (sizzle advertising)

主に食品広告において、魅力的な音あるいはビジュアルを引き立てて魅力を高めようとする広告を指す。



・シンボルマーク (symbol mark)

企業や商品・ブランドを象徴する記号・図形のこと。



・スカイスクレイパー (skyscraper)

スカイスクレイパーとは「摩天楼」を意味し、インターネット広告においては主にWeb(ウェブ)ページの右サイドに配置されているバナー広告のことを意味する。標準的なサイズは120×600ピクセル。 160×600ピクセルのワイドスカイスクレイパーもある。



・スポンサードサーチ (sponsored search)

Yahoo! JAPAN等に掲載される検索連動型広告(=リスティング広告)。「オーバーチュア株式会社」によって提供されている為、オーバーチュア広告とも呼ばれる。Yahoo! JAPANのほかに、msn、fresheye、excite等の検索結果画面にもクリック課金型の検索連動型広告を掲載することができる。



・セグメント (segment)

区分。データベースから一定の条件で抽出したグループ。



・セッション (session)

Web(ウェブ)サイトへのアクセス・カウントの単位の一つ。Web(ウェブ)サイト利用者の単一ブラウザ内の連続した行動を1セッションと言う。



・セル (cell)

母集団から一定条件で抽出したグループから、さらに必要数をサンプル抽出した小規模グループのことを指す。







 

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
A~Z(アルファベット)