【補足1】
レスポンス広告のトレンド

レスポンス広告、
最近のトレンドについてTrend Of Response Ads

レスポンス広告には、トレンドがある。
これは経験の長いレスポンス広告クリエイターなら、誰もが知っていることです。
例えば、化粧品や健康食品であれば、20年ほど前なら雑誌で記事広告を展開することが効果的でした。 しかし、インターネットの登場により各雑誌の部数が減少し、また薬事法も厳しくなって来たことから、現在では雑誌で多くのレスポンスを取ることは難しくなっています。
新聞折り込み広告では、かつてB4カラー両面がよく使われていましたが、現在ではB3サイズの方がより効果的なレスポンスを取る傾向にあります。
また、インターネットにおけるランディングページはもはや必要不可欠なものとなっています。世の中にはさまざまな広告があふれていますが、最後はインターネットで情報を確かめ購入の決断をするお客様が増えているのです。

数字の話を少しさせてもらうと、例えば無名の化粧品トライアルキットを新聞折り込み広告で展開するとそのレスポンス率は、0.01に届かないこともあります。これは同じような商品が増えてしまい、他社と差別化できる特長がないことが最大の理由です。
広告を打つ時は、ぜひトレンドを確認しながら、展開していただきたいと思います。

前のページ 【企業ブランディング2】
企業ブランドを構築する
5つの要素

次のページ 【補足2】
薬事法を意識した
レスポンス広告作り