代表紹介

プロフィールProfile

氏名 阪尾 圭司(さかお けいじ)
出身 埼玉県
最終学歴 明治大学
趣味 トレッキング、釣り、旅行、読書、映画鑑賞、キックボクシング
尊敬する人 稲森和夫さん、小林静観さん、ジャイアント馬場さん、石田純一さん
大切なもの 家族、友人、仕事
感銘を受けた本 楽しい人生を生きる宇宙法則(小林正観著)、 GO(金城一紀著)
好きな映画 レインメーカー、グッド・ウィル・ハンティング、スターウォーズ、
ショーシャンクの空に
起業した理由 運命的に出会ったレスポンス広告を世に広め、広告で苦しんでいる
企業に貢献したいと思ったから。売上げを高められる美しい広告を
作りたいと考えていたから。

企業理念Corporate Philosophy

私の祖父と父は、埼玉県の川口市で鋳造所を営んでいました。
鋳造所とは、くず鉄を溶かし、砂で作った型に流し込み、鉄の部品等を作る工場です。溶けた鉄は800℃以上にもなりますので、夏はとても暑く、寒い冬はかじかんだ体がうまく動かずに、ひどい火傷を被ることもある危険な仕事です。一年中、砂や鉄を触りますので、手は常にかさついており、冬はアカギレに悩まされていました。
アカギレになった手や足にはいつも血がにじんでおり、よくオロナイン軟膏をすり込んでいました。子供の頃、よく見かけた祖父や父のこのシーンが、私の経営の根本にあるものです。
経営すること、仕事をすることとは、決して甘いものではないと思うのです。お客様の満足を得るには、それに応じた努力が必要なのは言うまでもありません。しかし、高い技術が身に付き、良い商品を作れた時、それまでの苦しみや辛さは吹き飛んでしまうものだと思います。私の祖父や父もきっとそうだったに違いありません。
広告クリエイティブと言うと、一見おしゃれな仕事のように思われることもありますが、考えすぎて苦しくなるほど案を出し、
何度も何度も修正を繰り返し、良いものを作るためには夜も徹しなければならない仕事です。
私たちDZ(ディーズ)は、レスポンスとブランディングを
融合させ、クライアント企業を成長させることができる
日本で初めての企業と自負しています。
「さらに効果的に売上げを伸ばすにはどうすれば良いか?」
私たちは、現在の技術に満足せず、日々高い技術の修得に励む
広告会社でありたいと思っています。